【アトマイザーレビュー?】試しにスカジを1Ωで吸ってみたい。【店長ブログ】

ここ最近、ケイファンばっかり使ってるので久しぶりに“PICO V2 RTA”使いたい!

せっかくなんでブログのネタにしてみよう。笑

いいアトマイザーなので眠らせておくのは勿体無いですしおすし。

普段タンクを使うときでも焚き気味で吸ってしまうので今回は1Ω付近で吸ってみたい!!

リキッドは先日のブログに登場した“Skadi – Elysian Elixirs”をいただきます^~^

では早速・・・洗浄してバラバラにした状態です↓
1
こうして見るとパーツ数が凄いですね。
左からドリップチップ・トップキャップ・タンク・チムニー・チャンバー・デッキ・AFC固定リング・AFCリング(エアフローコントロール)・510スレッド です。右上の変わった工具はAFC固定リングを外すのに使います。パーツが多いと格好よく見えちゃう・・・笑
各パーツ、精度が非常に高いので組み上がりも美しいですね。
ビルドする際は先に、右側三つのパーツを組んでおくと楽ですよ!510スレッドにお好みのエアフローでリングをはめたらAFC固定リングでカッチリ止めてあげましょう。
次に、デッキに取り付けるコイルを巻いて行きます~
2
今回のセッティングは27G 2.5mm軸 上から見て6rap 恐らく1Ωです。いざぁ!!!!
組み付けはこんな感じでやってます。軸にコイルを通したままコイルの足をポールに押し付けて曲げています。
このままの状態でネジを閉めて行きます。
3
コイルの位置を調整して行きます。極力中央に寄せて・・・高さどうしましょう?
普段、高さはコイルの足が水平になるように組むのですが・・・きわっきわに下げてみようかな?
こんな感じ↓ ショートしないようにだけ気を付けないとね!
4
5
スレッドにデッキを置いたら上からチャンバーを取り付けて焼き入れしていきます。(チャンバーを取り付けるかピンセットなどで押さえつけながらでないと通電しません。)
6
焼き入れもバッチリ終わったらコットンを通していきます。使うコットンは“Thirsty”です。このコットンも紹介したいな~~。こんな感じにして~↓
7
いい具合にカットしてチャンバー被せて整えて~↓
8
リキッドに浸して~
9
ここまで来たらチャンバーにチムニーを被せてタンクとトップキャップとドリップチップを順番に組み上げて・・・完成~~~
MOD読みで1Ω付近です~~。いただきます!!!!!!!!
10
ん~~~。たまらん。パフした時のチムニーの中で籠って聞こえる音がたまらなく好きです(味関係ない)
ポコォォォォ~~みたいな。。。んんんんwww上品!!!(だから味関係ない)
あ、リキッド?めちゃめちゃ美味しいですよ!1Ωで吸うと全部の味がバランス良く出てきますね!
シリアル感もはっきりしてますし、後から甘味も来ます!音だけじゃなくて味もなんだか上品・・・^~^
でもやっぱり僕は0.6Ωくらいの甘さ強めなスカジの方が好きだなぁ~。みなさんのお気に入りセッティングも知りたい今日この頃。笑
こちらもリンク貼っておきますね!Pico RTA V2 Skadi – Elysian Elixirs

サブコンテンツ

電子タバコの通販ショップVAPE LIFE online store - 東京都八王子市と町田市に店舗あり!詳しくは店舗案内ページにて