【初心者用】リキッドをよりおいしく吸うために

こんにちは~
今回はリキッドをよりおいしく吸うための豆知識を書こうと思います。

初めに、これから書くことは、あくまで個人的見解であって、すべての人がこれに当てはまるものではないので、その点を理解した上で参考になればうれしいです。

まず、リキッドには大きく分けて
・フルーツ系
・メンソール ミント系
・デザート系
・エナジー系
があります。

どれも、すべての機械で楽しむことができますが、それぞれのリキッドをよりおいしく楽しむために知っておいたほうがいいことが何点かあります。

フルーツ系
フルーツ系のリキッドは味が非常に繊細です。
フルーツ系リキッドをおいしく吸う基本は高い抵抗値のコイルでなるべく低い温度でリキッドを気化させてあげる。

コイルの抵抗値は、リキッドやリキッドメーカーによって異なりますが、たとえば当店取り扱いのVAPE FUELさんのフルーツ系リキッドであれば、サブタンクの1.2Ωコイルがかなり調子いいです。

アトランティスやサブタンクの0.5Ωコイルだと若干飛び気味かなと思います。
そっちのほうがおいしいと言う人も稀にいますけどね(笑)

理想は低くても0.7~0.8Ω程度かなと個人的には思います。

私なら

・味に定評のあるAspireのNautilus
・サブタンクの1.2Ωコイル
・ジェネシス(1Ω程度)
・味重視のRDAでシングルなら1.4Ω以上、デュアルなら0.7Ω以上のコイルでエアフローを絞る

のいずれかで吸います。

他にも、フルーツ系をおいしく吸えるアトマイザーは色々ありますので、フルーツ系が好きな人はその辺を考えながら追求していくと面白いですよ^^

また、ドリップチップの煙の通り道がより細いものをチョイスすれば味を濃くすることができます。
これは安いコストで手軽にできる小技ですので是非試してみて下さい。

あとは、0.5Ω前後の低い抵抗値のコイルを使用している場合でも、ワット数やボルト数を細かく調整できるデジタルModであれば、コイル抵抗値に関係なく気化させる温度を調整できるので、オススメです。

2015年4/22現在 当店人気のフルーツ系国産リキッド TOP5

・パイナップルエクスプレス
・トロピックピーチ
・ブラック&ブルーベリー
・ブルーブル
・ピーチ&クリーム

いずれもVAPE FUELさんのリキッドです。
VAPE FUELさんのフルーツ系リキッドは味の再現性が素晴らしく、他のメーカーさんのフルーツ系リキッドと比較して少し高い温度で気化させても味が飛びにくいことから当店ではオススメしています。

メンソール・ミント系
一口にメンソールミント系と言っても、メンソールやミントの強さによって使うアトマイザーや吸い方が異なります。

まず、メンソールやミントが強めのもの

メンソールやミントが強めのものは、アトランティスやサブタンク、RDAのようなアトマイザーで深呼吸をするように一度に大量の煙を吸い込もうとすると、刺激が強すぎて喉が痛いと感じる人が多いです。

吸った感は抜群で、それがいいと言う人も中にはいますが、たいていの人はメンソール・ミント感がきついと感じるはずです。

なので、基本はスターターキットで使用するか、アトランティスやサブタンク、RDAなどを使用する場合は、エアフローを絞り、タバコのように一度口にためてから肺に入れるようにするとおいしく吸えるようになります。

次に、メンソール・ミントが弱めのもの

当店にあるものだと、BI-SOさんのダブルベリーミントがそうなのですが、スターターキットのような吸いが重たく、一度に多くの煙を取り込めないもので吸うと、ミント感が足りないと感じると思います。

これは、アトランティスやサブタンク、RDAなど、一般的に爆煙と呼ばれる煙の量を出せるアトマイザーでの使用を想定して調整されているものなので、そういった大煙量が出せるアトマイザーで吸うと丁度いいメンソール・ミント感で出て、いい感じに楽しむことができます。

ただ、メンソール・ミント系の多くはフルーツ系のリキッドにメンソール・ミントを添加しているものが多いので、基本はフルーツ系のリキッドと同じ扱いで大丈夫です。

抑えておくポイントは、メンソール・ミントが強めのリキッドは、スターターキットのような、吸いが重たく一度に煙を取り込めないアトマイザーで

弱めのリキッドは、アトランティスやサブタンク、RDAなど、深呼吸するように煙を吸ってもストレスがないくらい吸いが軽いアトマイザーで

さらに、フルーツ系メンソール・ミントリキッドは、リキッドを気化させる温度を上げすぎないことを意識すると楽しめます。

これももちろん人の好みにもよりますが、上記を意識して色々試すと面白いですよ!

2015年4/22現在 当店人気のメンソール・ミント系国産リキッド TOP5

・グリーンアップルメンソール(BI-SO)
・ダブルベリーミント(BI-SO)
・オンザロック(VAPE FUEL)
・ミントアパウィッチー(VAPE FUEL)
・ザクロメンソール(VAPE FUEL)

BI-SOさんのグリーンアップルメンソールは当店人気ナンバー1でもあります。
特にVAPEをはじめたばかりのスターターキットを使用されている方から絶大な人気があります。

やはり吸った感があるからか、初めてVAPEをはじめられる方の多くがメンソール・ミント系のリキッドをチョイスされます。
その中からよく選ばれれるのが、グリーンアップルメンソール・オンザロック・ミントアパウィッチー・ザクロメンソールのいずれかです。

ダブルベリーミントは、スターターから少しステップアップした、アトランティスやサブタンクユーザーから絶大な人気があります。
アトランティス・サブタンクで吸うとミント感が絶妙で本当においしいですよ♪

デザート系
デザート系のリキッドは、煙の温度を少し上げたほうが甘みが増しておいしくなります。
また、気化する温度を上げても味が飛びにくいものが多く、リキッドの味を楽しみながらたくさんの煙を出すことができるので、爆煙ユーザーの方に特に好まれています。

一般的にデザート系リキッドは、スターターキットなどの出力の低い機械でもおいしく吸えないことはないのですが、RDAなどでコイル抵抗値を0.5Ω程度に調整して吸ったほうがおいしくなります。

サブタンクやアトランティスでもそれなりに甘みが出ますが、よりおいしく吸うのであればやはりRDAがオススメです。

とはいえ、一口にデザート系リキッドといっても、RDAでおいしく吸えるものもあれば、タンク系のほうがおいしく吸えるものもありますので、色々なアトマイザーやセッティングで試してみて下さい。

あくまで、基本は「煙を温めると甘みが増す」です。
ただ、煙を温めすぎて舌や喉をヤケドしないよう十分に注意してくださいね。
これが一番多い事故ですから。

また、VAPE FUELさんのピーチクリームのようなフルーツとクリームをミックスしたフレーバーのように、煙を冷たくするとフルーツが濃くなり甘みが控えめに、逆に温めるとフルーツが薄くなり甘みが強くなるというようなリキッドもあるので、自分でここがうまい!というポイントを探してみて下さい。

バッチリ決まったときの味は最高ですよ

2015年4/22現在 当店人気のデザート系(甘い系)国産リキッド TOP5

・バニラカスタードクリーム(BI-SO)
・ミルクティー(KAMIKAZE)
・カスタードアップルパイ(BI-SO)
・バナナクリームパイ(VAPE FUEL)
・ピーチクリーム(VAPE FUEL)

こういっちゃなんですが、個人的に甘い系のデザートリキッドは得意じゃないので、そこまで追求したことがありません^^;
なので、半端な知識です。

間違っているところもあるかも知れないので、あくまで参考程度にって感じでお願いしますm(__)m

エナジー系
エナジー系はフルーツ系同様気化させる温度を高くすると味が飛びやすく、ただの甘ったるいシロップのような感じになりがちです。
こちらも、スターターなどの出力の低い機械で吸ったほうがおいしく吸えると思います。
もちろんスターター以外にもおいしく吸える機械もありますので、フルーツ系同様の考え方で、おいしく吸えるポイントを探してみて下さい。

2015年4/22現在 当店人気のエナジー系国産リキッド TOP5

・アールブル(KAMIKAZE)
・レッドブルコーク(BI-SO)
・オロC(KAMIKAZE)

トップ5と言っておきながら、当店にはエナジー系のリキッドがほとんどないので必然的にこの3つになりました。
しかし、KAMIKAZEさんのアールブルやBI-SOさんのレッドブルコークは初心者さんからも高い人気があるオススメリキッドなので、気になる方は試してみて下さい^^

番外編 フィリピンリキッド
フィリピンリキッドは、基本的に爆煙ユーザーが好んで使うリキッドです。
理由は、高い出力で使っても味がしっかり出ておいしくなるというか、高い出力じゃないとおいしく吸えないよう調整されているからです。

かなり危険なレベルの抵抗値でないとおいしく吸えないようなリキッドも多数あります。
当店では、0.4Ω以下の抵抗値に対応しているバッテリーであっても、熱がかなり出てバッテリーの限界とはまた違った形の危険性があるので、フィリピン系のリキッドをおいしく吸うためにはIPV mini2のようなハイパワーデジタルModの使用を推奨しております。

だいたい0.5~0.6Ω程度(0.4mmカンタルを使い、3mm芯で6~7巻きすると丁度そのくらいの抵抗値になります)でコイルを作り、ワット数で調整することで気化する温度をコントロールし、リキッドの味を引き出すって感じですね。

とはいえ、ハイパワーデジタルModであってもかなりの熱が出ますので、本体の温度が高くなってきたら休憩することを心がけて下さい。

と、こんな感じです。
今回書いた内容はあくまでもリキッドをおいしく吸うための基本です。

日本のみならず、世界を探せば色々なおいしいリキッドが山ほどあり、それぞれベストな機械、セッティングがあります。

このアトマイザーで吸ったらまずいのにこっちなら超旨い!
この抵抗値だと味がでないのにこうしたらよくなった!

そんなことはしょっちゅうです。
そしてそれがVAPEの楽しみの一つでもあります。

今回の内容があなたが快適なVAPE LIFEを送る手助けになれば幸いです。

サブコンテンツ

電子タバコの通販ショップVAPE LIFE online store - 東京都八王子市と町田市に店舗あり!詳しくは店舗案内ページにて