スターターキットのメンテナンス方法

スターターキットは2週間に一回程度メンテナンスをしてあげると、より長く使うことができます。

ここでは当店オススメのMK-Vape – Oakley eGo Haka スターターキットを例にメンテナンス方法をご説明いたします。

スターターキットでメンテナンスをするのはアトマイザーの部分

まずはアトマイザーを分解します。

1・アトマイザーを逆さにし、リキッド注入時に空けたタンク下の蓋をあける
(このとき、リキッドが少し余ってるようならティッシュに含ませるか洗面台に流す)

タンク下の部分を外す(反時計回し)

外すと下図のように2つの部品に分かれます。

2・タンク下の蓋からコイルを外す(反時計回し)

外すと下図のように2つの部品に分かれます。

3・ドリップチップを引き抜く

外すと下図のように2つの部品に分かれます。

4・上蓋を外す(反時計回し)

外すと下図のように2つの部品に分かれます。

するとこのように各部品に分かれました。

これで準備完了です。

まず、水で各パーツに付着したリキッドを洗い流します。

次にぬるま湯に5~10分くらい漬け置きします。

5~10分経ったら、再度水で残ったリキッドを洗い流し終了

表面についた水気をタオルなどでふき取ってやり、陰干しします。

コイルの中にはリキッドを含ませるためのコットンが入っており、このコットンが乾くのが時間がかかるため、アトマイザーとドリップチップがある程度乾燥したら交換用コイルをセットして、洗ったコイルは1~2日かけてしっかりと乾燥させてあげてください。

以上でスターターキットのメンテナンスは終了です。

次項からはいよいよMod製品の使い方について説明します。
Mod製品は取り扱いが難しいので、スターターからのステップアップを検討される場合には必ずお読みください。

 

次項 – Mod製品の基礎知識

初心者ガイド – TOP

サブコンテンツ

電子タバコの通販ショップVAPE LIFE online store - 東京都八王子市と町田市に店舗あり!詳しくは店舗案内ページにて